ICOULEUR

01234567823456789023456789020123456780123456780123456780012345678012345678234567890X012345678901234567123456789X


毎日の家事を支える “効率的住空間”

Scroll

当初の希望はリノベーション。

「古いものが好きだったし、新築は予算的にも無理だと思っていたんです。でも、なかなかお気に入りの中古物件が見つからなくて…」
奥さまは、家づくりを考え始めた頃を振り返ってこう語ります。

そして足を運んだのがアイ・クルール。
しかし、リノベーションを希望しているMさん夫妻の話を聞いたスタッフからは、思いがけない言葉が返されます。

「きっとMさんには新築が合っていると思いますよ」

そうして、新築での家づくりにシフトチェンジ。
ここからMさん夫妻の思いをかたちにするストーリーが始まりました。

家事の負担も、無駄な時間も減らす空間づくり

目指したのは「効率の良い家」。

“こんなデザインにしたい”、“外観はこんな感じがいいな”という希望ももちろん大切です。
けれども「看護師として忙しく働き、2人のお子さんのお母さんでもある奥さまの負担を少しでも減らせるように」と、回遊性のある間取りを最優先事項に。

さらに、フロントオープンの食洗機やガス衣類乾燥機など、時短につながる家電や設備のセレクトにも重点を置き、その配置にまでこだわりを込めました。

「例えば、キッチンの間取り。最近は子どもが遊んでいる時も視線が届くので安心、という理由でペニンシュラ型のキッチンが人気ですよね? でもあの配置では動線に抜けがなくて、移動するのが楽ではない。だからキッチンは壁付にしました。その分、リビングとダイニングが広く使えますしね」

心にゆとりを生む、インナーバルコニーの利点

以前の住まいで結露に悩まされたことから、“結露しない家づくり”も大切にした奥さま。そして「洗濯の負担を減らしたい」という願いは、インナーバルコニーを設けた間取りに反映されました。

ゆとりある広さのインナーバルコニーは、東側に大きく設けた窓から日差しがたっぷりと差し込む空間。
天気を気にせず洗濯物を干すことができるという利点はもちろん、1日中時間を気にせずに洗濯できるというのも大きな魅力です。

「小さな子どもがいるとどうしても洗濯物が溜まってしまいます。それなのに以前のアパート暮らしでは洗濯する時間を気にしないといけなかったんです。でも今はその心配がない。

これからは子どもたちに『いつでも汚していいからね』なんてことも言えるんですよ(笑)。乾燥機もあるから、いくら汚してしまっても大丈夫。そう思うだけで、心にゆとりが持てるようになりました」

効率の良さを考え抜いたら、家族の距離が近くなる

土間とキッチンのどちらからでも出入りできるパントリー。
そして、日用品のストックから家族の洋服までを1ヶ所にまとめられる納戸やウォークインクローゼット。

どちらも、空間を無駄なく、そして効率よく使うための大切な要素に。

さらに、ご主人の要望だったというリビングに設けた階段は、リビング側とトイレ側のどちらからでも行き来することが可能。

部屋の隅々に、無駄なく移動できるようにと考えられたポイントが散りばめられています。

室内での移動がしやすいということは、隔たりがなく、見通しのよい空間が生まれたということ。それは、家族を常に近く感じられるだけでなく、つながりもより強くしてくれるはずです。

適切なアドバイスが、ノンストレスな家づくりを支える

家づくりを振り返ってみて、「ストレスはまったくなかった」と語る奥さま。
その理由のひとつが、「アイ・クルールからの適切な助言があったから」だといいます。

「時々、“ちょっとくらい予算をオーバーしてしてもいいかな”と思うこともありました。でも、担当者の方が“家が完成してからこそお金は大切。予算は絶対にオーバーしないほうがいいですよ”と言ってくださったんです。

今になって、その言葉の意味を強く感じますね。常に具体的なアドバイスをたくさんしてくださったことが、本当にありがたかったです」

FLOOR