ICOULEUR

01234567823456789023456789020123456780123456780123456780012345678012345678234567890X012345678901234567123456789X


未来を見据えた「今」にぴったりの住まい

Scroll

奥さまのご友人が『仙台Rゲート(アイ・クルールが運営するリノベーションブランド)』を利用してリノベーションをしたことがあり、「つながりがある会社のほうがいいな」と、アイ・クルールでの家づくりを決めたご夫妻。当初はリノベーションという案もあったものの、アイ・クルールとのやりとりを経て<新築>という選択肢に至りました。

予算とこだわり。
どちらも譲れないから“新築”という選択肢

「物件によっては、リノベ費用を追加した際、新築のローコスト住宅と同じくらいの費用になる場合もある、と教えていただいたんです。それと、とことんこだわってしまう私の性格が伝わったのかな?

中古物件を買ったときは、修理が必要な箇所がたくさん見つかることもあるから、最初から好きなものを盛り込んでいくほうが良いのでは、と新築での家づくりを提案してくれました」と奥さま。

「早くいい家を見つけなきゃ!」と気が焦り、今の場所から少し離れたエリアで新築建売を購入しそうになった...という苦い経験もあったものの、愛着のある住み慣れたエリアで2人にぴったりの土地を見つけることができました。

「友人のつながりでアイ・クルールとの家づくりが始まってから、すべてがタイミングよく進んで。こういうのが縁っていうのかな」と、奥さまは笑いながら振り返ります。

「家づくりのために雑誌やネットを読みあさった」という奥さま。間取りには“こんな家にしたい”という想いがぎっしり! 夫婦2人の生活にぴったりと寄り添いながらも、将来子どもが生まれた時の使いやすさも考慮されました。

例えばキッチンに対面して設置した小上がり。 畳敷きでゴロンと寝転ぶことができるこの場所は子どもの遊び場になるだけでなく、キッチンカウンターで作業をする時にも活用できます。

「私も仕事や作業の時にこの場所を使いますが、子どもがここで勉強するシーンをイメージしました」と奥さま。キッチンからも目が届くので、将来は母と子を安心してつなぐ場所として変化しそうです。

今と未来。どちらにも心地いい暮らしを叶える

また、ウォークスルークローゼットも奥様のお気に入り。「2階に3部屋を設けようかという考えもあったんですけどね。でもやっぱり大きな収納があったらいいなと思って。ここで着替えてそのまま寝室にも行けるので、動きやすいのもいいですね」。

今は夫婦の洋服などを集約していますが、「今後は子どもたちのおもちゃや服だけを置いてもいいな」と考えているのだとか。奥さまのセンスが溢れるプランニングは、振り幅の大きな可変性とゆとりも生み出しました。

自分の家だもの。おおいに遊んじゃえ!

自分自身でも「こだわりが強い」と語る奥さま。その想いは間取りだけでなく、照明や壁紙、 扉にも表れます。中でも特徴的なのがキッチンに設けた星型の照明。

「いつかは欲しい!」 と思っていたアイテムだからこそ、空間の中での見え方・吊るし方まで手を抜きません。「最後まで職人さんに細かくお願いして、天井から吊るす長さにもこだわりました」

そして無機質になりがちなトイレにも空間づくりの楽しみを詰め込みます。

「トイレはおとなしいほうがいいかなと思ったんですけどね。家の中にディズニーランドっぽい、空想の世界のような空間があるのもおもしろいじゃないですか」と選んだのは本棚柄の壁紙。たくさんの本が並んだ本棚のイラストがお出迎えする、印象的な場所になりました。

一方で、2階のトイレには上品な花柄の壁紙をセレクト。「主人が反対しなかったので、ほとんど私が遊んで決めたようなものです(笑)」。 他にもアーチ状の下がり壁や扉の色や形状、ホー ローのシンク、ヘリンボーン柄の床材など、素材から色合いまでとことんこだわり抜きました。

「アイ・クルールのみなさんをはじめ、いろいろと家づくりの相談をできる人がたくさんいたからできたこと。それは今振り返ってみてもよかったなと感じています」

家で過ごす楽しみを発見!

以前はアパート暮らしだったというお2人。ここに住まいを移してから、ライフスタイルにも大きく変化が表れているようです。

「お昼からの仕事ということもあって、以前の生活では朝は寝たままだったんですけどね。早い時間でもちゃんと起きて、ご飯をしっかり食べるようになりました。そうそう、自分でご飯を作るようにもなったんですよ。昔はご飯なんて作らなかったのに(笑)」と語るのはご主人。

奥さまは「2人で外食に行くことも多かったけど、この家では作って食べる楽しみができた気がしますね。リビングで2人一緒に過ごしている時間も長くなりました」と、新たな楽しみに満ちた日々の暮らしぶりを教えてくれました。

また、「お日さまが当たる小上がりで、ゴロゴロしながらくつろぐのが大好きなんです」と奥さま。たっぷりと注ぐ陽の光が白い壁に映える室内が明るく健康的な毎日をもたらしているようで、「毎日暮らしていても、いつも“いい家だなあ”と思います」と笑顔を見せてくれました。

FLOOR