仕事も楽しく、自由に。

仕事も楽しく、自由に。

あなたの色はなんですか?

ISHIGAKI

ISHIGAKI

NAKAGAWA

NAKAGAWA

MIYAZAKI

MIYAZAKI

KANNO

KANNO

KOHIRUIMAKI

KOHIRUIMAKI

ISHIKAWA

ISHIKAWA

MIYAZAKI

MIYAZAKI

KAMEYAMA

KAMEYAMA

MUTO

MUTO

HIRAYAMA

HIRAYAMA

KIKUCHI

KIKUCHI

HARUKI

HARUKI

COWORKER

COWORKER

COWORKER

COWORKER

POSITION

POSITION

POSITION

POSITION

FELLOW

FELLOW

FELLOW

FELLOW

CHALLENGE

CHALLENGE

CHALLENGE

CHALLENGE

WORK

WORK

RECRUIT

RECRUIT

PEOPLE

PEOPLE

TALK

TALK

COLOR 12

COLOR 12

スタッフ座談会

0809

セカンドカラー 代表取締役

亀山 裕史

2014年入社 関連会社

不動産仲介事業部 店長

武藤 大樹

2015年入社 北六番丁店

営業として入社した亀山さんと武藤さんですが、現在はグループ会社の代表、支店の店長へと立場が変化。二人だからこそ分かるアイ・クルールで働くことの楽しさや魅力を聞いてみました。

アイ・クルールって
どういう会社ですか?

亀山

実は、アイ・クルールのことはリノベーションの会社だと思っていてさ。いざ入社してみたら、リノベーション事業部を手がける不動産会社だったことが分かったの。

武藤

そのイメージは僕も持っていました。リノベーションという言葉に惹かれて入社したような感じです(笑)。

亀山

あとは、初出勤日に社長に会った時、ものすごくフランクな感じで。それまで持っていた「社長」のイメージと真逆で衝撃的だった。アイ・クルールの社長はこんなにフレンドリーなのか…って。

武藤

そうそう。やっぱり、社長のそういう空気感がアットホームな会社の雰囲気をつくりだしているのかなって思いますよね。

亀山

今も昔も、メンバーが変わっても、これは変わっていない。それってすごいことだよね。あと、もう一つ特色があって。社長自身が成長至上主義みたいなところがあるでしょ?それは従業員にも求めていると思う。成長することを求められるし、新しいことに常に挑戦している会社だよね。

武藤

社長の成長意欲って誰よりも強いし大きいと思う。不動産を軸に飲食事業、ウエディング事業など様々なサービスを通してお客さまに貢献できる価値が、アイ・クルールにはあるんじゃないかな。挑戦することによって貢献できて、それが力になっていく。常にチャレンジし続けている会社ですね。

入社してそれぞれの
立場が変化しました。
仕事のやりがいってなんですか?

武藤

一番立場が変わったのは、亀山さんじゃないですか?

亀山

営業で入社して業務部になって、ポータルサイトへの物件入稿作業をやるようになって、今は、グループ会社であるセカンドカラーの社長になって。自分のことだけれど、本当にどうなるか分からないって実感している。可能性は無限大だよね。営業時代はお客さまに喜んでもらえることが純粋にやりがいになっていたけど、今はセカンドカラーの代表として、営業時代とは違う感覚かもしれない。正直ものすごくプレッシャーはあるんだけれど、今まで社長から沢山のものをもらってきたから、少しずつ返していきたいと思っている。そういう気持ちが仕事に対するモチベーションになっているし、やりがいにも繋がっているかな。

武藤

私は、ずっと何も変わっていないです。店長という立場にはなったけれども、営業であることには変わりない。お客さまの人生の、一大イベントに貢献できるということはやりがいですね。あとは、やはり「自分の成長」がやりがいですかね。

亀山

店長としてのプレッシャーはないの?

武藤

そりゃ、プレッシャーはありますよ。店長として何が正解か分からないし。けど、会社から一番求められているのは結果を出すことだから、そこに集中しています。

亀山

武藤さんは常にものすごく考えているよね。良くも悪くも(笑)。そんなに考えなくてもいいのに…ということも考えていて。でも、考えているからこそ今の立場にいるんだろうね。

武藤

亀山さんは昔から本当に変わっていない(笑)。変わらないって悪い意味じゃなくて、「人として芯がある」ってこと。変わらないけど、経験を積んだり知識を得たりはしていて、それがすごいと思う。変わらずに経験を積んで成長していく亀山さん、一方で考えて考えて、ここにいる私。色々な人がいる中で、アイ・クルールは個々の色も大切にしている。そこが会社の強みになっていますよね。

これからの自分たちの姿は?

亀山

アイ・クルールはどんどん成長していくだろうから、セカンドカラーの経営者として、自分も負けずに成長していきたい。そして、いずれは自分が企画した事業を会社の中に取り入れていきたいって思っている。社長に提案をして「それ面白い。やってみようよ」と言ってもらえるような事業を提案したい。

武藤

もっともっと成長していきたいですよ。「やりたい」という気持ちにこそ自分の成長があると思っていて。「楽しい」って共通言語でしょ。楽しくするためにどうしたら良いかを真剣に考える。そして、自分自身の成長へ繋げていきたい。

亀山

ところでさ!聞いてみたいことがあるんだけど、店長として挫折したことあるの?

武藤

毎日挫折の繰り返しですよ(笑)。でも、挫折ってさ、成功を収めている人がいう言葉でしょ。まだ僕は成功を収めていないから、失敗しかまだしていない。自分への理想が高いから成功までは遠いんです。でも、その理想が高い分、これからの自分がどうなっていくのか楽しみで。これからも、みんなで協力し合って何か素敵なものをつくっていきたい。そして結果を残していきましょう!

セカンドカラー 代表取締役

亀山 裕史

2014年入社 関連会社

プロフィールが入ります。この文章はダミーです。

不動産仲介事業部 店長

武藤 大樹

2015年入社 北六番丁店

プロフィールが入ります。この文章はダミーです。